重要ネットワークの保護

重要なネットワークとの間でファイルを転送するための安全なエンドツーエンドプロセス

隔離されたエアギャップネットワークは、ポータブルメディアやその他のファイル転送技術による攻撃に対して脆弱なため、重要ネットワークの保護は、セキュリティ担当者にとって課題です。OPSWATは、製造業、エネルギー産業、政府関連機関、金融、製薬、およびエンターテインメント業界で広く使用されている、重要ネットワーク間でファイルを転送するための安全なエンドツーエンドプロセスを提供しています。


MetaDefender Kiosk

MetaDefender Kioskは、サイバーセキュリティの脅威が周辺機器を介して重要ネットワー クに入るのを防ぐセキュリティチェックポイントです。Kioskには、様々な展開環境に対応 したソフトウェアとハードウェアのフォームファクターがあります。Kioskは、重要インフ ラ、政府機関、金融機関など、最高レベルのセキュリティを必要とする組織で導入されて います。MetaDefender Kioskは、北米の大多数の原子力事業者で利用されています。つま り、MetaDefenderは、北米原子力産業向けポータブルメディアの検査とファイル無害化ソ リューションで業界をリードしています。

MetaDefender Vault

MetaDefender Vaultは、ネットワーク上の任意の場所に配置できるセキュアなネットワークストレージで、MetaDefender Kioskと連携することで、処理されたファイルのストレージとして利用できます。このテクノロジーにより、ポータブルメディアを施設に持ち込む必要なく、隔離されたネットワークに安全なファイルを転送できます。ゲストとユーザーは、すべてのUSBドライブを境界に残したまま、MetaDefender Vaultからすべての認証およびチェックされたファイルにアクセスできます。隔離されたネットワーク全体のチェックポイントとして、可視性、監査、マルウェア防止を必要な場所に戦略的に配置できます。

“MetaDefender Kioskは、マルウェアのないネットワークの状態維持に自信を与えてくれます”

Ameren セキュリティアナリスト

Ed Koeller 氏

MetaDefender プラットフォーム

エアギャップ、ネットワーク分離環境向け
MetaDefender セキュアデータワークフローソリューションの詳細