クロスドメイン ソリューション

Protection at Every Transfer Point

重要システム環境との間でファイル転送することには課題があります。ポータブルメディアや一時的なデバイスを介して持ち込まれるファイルには、感染のリスクがあります。保存されたファイルには、ゼロデイ攻撃が潜み、一時的に気付かれず、サーバー上で潜伏する可能性があります。ファイルが重要システム環境から持ち出される場合、機密情報の漏洩リスクがあります。

  • 組織全体を横断したファイル転送、特に管理していないデバイスを使用した場合、どのように安全を確保していますか?

OPSWATのクロスドメインソリューションは、境界線全体に「信頼」を提供するデータとデバイスの転送・移動プロセスを作ります。

MetaDefender Kiosk により、組織ネットワークをマルウェアのない状態に維持する自信が持てました。
Ed Koeller 氏

セキュリティアナリスト, Ameren

私たちの支援

デジタル境界線の制御

境界線は、仮想、物理、または移動型にすることができます。 OPSWATテクノロジーは、ファイルとデバイスの転送・移動をセキュリティレベル、システムそして物理的な転送ポイントで安全に制御します。

安全なファイル転送

転送中のファイルには感染のリスクがあります。 OPSWATテクノロジーは、安全なファイル転送プロセス、マルウェアの継続的スキャン、デジタル署名の追加によるファイルの整合性の確保を実施します。

侵害防止

機密データは盗まれたり、誤って転送されたりする可能性があります。 OPSWATは、すべての転送ポイントで機密データをプロアクティブに保護します。

北米の原子力施設の98%は、サイバーセキュリティとコンプライアンスで OPSWATを信頼しています。

私たちが提供するもの

マルウェアへの対抗

マルウェアが既存のセキュリティ防御を回避し続けています。なぜならば、サイバー犯罪者が高度化・巧妙化する脅威を開発する一方で、企業では十分な対応ができていません。多くの組織では、ひとつのアンチウイルスのスキャンでファイルがネットワークに入ることを許可しています。しかし、優れた防御ソリューションは、より多くのアンチウイルスエンジンを組み合わせて活用しています。最新のサイバー攻撃の脅威を検知するために、OPSWATは30種類以上のアンチマルウェアエンジンを各製品で使用しています。

BYODと一時的なデバイスを保護

リモート社員、BYOD、および請負業者のグローバルな増加により、管理されていない端末が飛躍的に増えています。これらの端末を内部ネットワークやクラウドネットワークにやみくもに接続すると、組織は重大なリスクにさらされます。 OPSWATは、信頼できない端末は、徹底的に検査し是正されるまで、物理環境および仮想環境へのアクセスをブロックします。

安全なデータ転送プロセスの構築と実施

ツールは、情報に基づいた意思決定と組み合わせると最も効果的に機能します。 OPSWAT製品は、シンプルで効果的なプロセスを浸透させます。社員は、セキュリティポリシーを遵守しながら、企業全体でデータを安全に取り込み、保存、転送、および抽出する方法を理解します。未承認のポータブルメディアが意図的または偶発的に環境に持ち込まれた場合、セーフガードプロセスにより、メディアがデバイスやネットワークにアクセスできなくなります。

コンプライアンス要件への対応

違反やプライバシー侵害を最小限に抑えるために、規制コンプライアンス要件が適用されます。コンプライアンスへの対応には時間がかかり、要件が満たされない場合コストがかかる可能性があります。OPSWATテクノロジーは、準拠したプロセス、包括的な可視性、詳細なレポート機能を提供し、NERC CIP 003-7、NEI 08-09、NIST 800-53、PCI DSS、およびGDPRの要件への対応を支援します。

機能するサイバーセキュリティを使用