更新を入手

企業は従業員、顧客、サプライヤがWebを通じて直接対話し、新しい高度な脅威が安全なビジネスポータルやその他の企業資産を対象とする世界に、従来のセキュリティ戦略を適用する必要があります。これらの傾向に対処するために、開発者と技術パートナーは、OPSWATのAPIを通じて業界をリードするマルウェア識別と脅威防止技術を活用することができます。

OPSWAT社が誇るソリューション

脅威の予防、クラウドアクセス制御、および脅威インテリジェンスのためのプラットフォームを提供し、データやデバイスを保護し、徹底的な脅威分析を実行するために、クラウドおよびオンプレミスの両方の展開に利用できます。

当社のAPIは、開発者が複数のマルウェア対策エンジン、包括的な脆弱性データベース、データ無害化技術(CDR)、および集約された独自の脅威データを活用することを可能にします。


高度な脅威防止のためのMetadefender API

OPSWAT社の場合、マルチチャネル型マルウェア防止のためのAPIが準備されており、これを利用することによって、開発者は、ソリューションを構築したり、例えば、ファイルベースのアプリケーションが持つ脆弱性といった高度な脅威を検出することができ、柔軟なバックエンドオプションを使用して、ファイルベースのマルウェアやアプリケーションの脆弱性などの高度

な脅威を検出し、ソリューションを構築できます。

Metadefenderのオンプレミス用APIを使用すると、組織のデータセンター、または、クラウドインフラストラクチャにインストールされ、ホストされているMetadefenderバックエンドサーバーを活用できます。特定の組織のニーズに合わせてスケーラビリティ設定を行うことができます市場の他のソリューションとは異なり、メタデータの分析はすべてローカルで行われます。機密データが配備された環境を離れないように、データはOPSWAT社やサードパーティベンダーに報告されません。

Metadefenderのクラウド用APIを使用すると、OPSWATの迅速かつ完全に構成されたバックエンドサービスを利用し、負荷をアウトソースすることができます。

主な機能

  • 迅速かつ便利な統合のために、API用のRESTインターフェイス用の2つを提供 
  • 22種類以上のファイルタイプを変換する100種類のデータサニタイズエンジン 
  • 主要ベンダーの30種類以上のマルウェア対策エンジンとの組み込み統合
  • 100万種類のバイナリと15,000種類を超えるアプリケーションの脆弱性の監査と報告
  • 商用および企業向けの優先キューイングおよびプライベートスキャン

脅威インテリジェンスのMetadefenderのクラウド用API

エンタープライズレベルのマルウェア研究者、インシデント対応チーム、テクノロジープロバイダー向けに設計されたOPSWAT社のMetadefenderクラウド用APIは、ファイルの完全性、データの無害化、アプリケーションのリュピュテーション情報などといった当社のコアテクノロジーを活用しています。 開発者は、RESTful APIを使用して、40を超える検証済みソースから構築された脅威の情報(インテリジェンス)フィードを使用して対応できる、高度に安全なシステムを構築できます。

Metadefenderクラウド用APIを評価するには、以下のインテグレーションを試作したり、無料のファイルのアップロードを利用したりすることによって、OPSWAT社の技術をテストしてみることをお勧めします。

主な機能

  •  30種類を超えるマルウェア対策エンジンを使った脅威の検出
  • 何十億もの脅威と脆弱性をサポートする高速なバイナリハッシュ検索エンジン 
  • 一般的に悪用される対象のバイナリの脆弱性を特定
  • データサニタイズ機能により、埋め込まれたスクリプトやマルウェアをドキュメントファイルから除去 
  •  商用および企業向けの優先キューイングおよびプライベートスキャン 
  •  混在した社内ネットワークにおける一般的にローディングされるライブラリに関するアプリケーション情報

テクノロジパートナー向けのCloud Access Control

今日のコンピュータ環境では、BYODに対応した仕組みになってきており、重要データにアクセスする前に、エンドユーザ用エンドポイントに対する監査可能で高品質な検証を行う必要性が増してきています。OPSWATでは、15年以上培ったベンダーやエンタープライズ向けのエンドポイント評価ソリューションを提供しています。

Cloud Access Controlは、市場を牽引するエンドポイント挙動評価ソリューションであり、Windows、MacOS、Linux、Android、iOSをサポートします。開発者は、NAC、SSL-VPN、CASB、SSOソリューションにデバイスチェック機能をインテグレーションすることで、今ラプラインスの社内推進を実現し、デバイスポリシー要件毎にアクセスコントロールを提供できます。