MetaDefender Core

高度な脅威防止の開発プラットフォーム

MetaDefender Core は、お客様の IT ソリューションとアプリケーションに、高度なマルウェア検知とマルウェアからの保護を提供します。例えば、ファイルアップロード攻撃からWeb ポータルを保護、サイバーセキュリティ製品の強化、そしてマルウェア分析システムの開発などです。REST API を使用すると、MetaDefender の高速マルチスキャン、データ無害化、脆弱性評価技術を容易に活用し、ゼロデイ攻撃や未知の脅威を防ぎ、パフォーマンスに影響することなく 100%近い既知の脅威を検出します。MetaDefender Core には、ファイル内の機密コンテンツを検出してブロックする Proactive DLP(情報漏洩防止)機能も含まれています。  

利点

ファイルベースの脅威を防止

MetaDefender Core でMetaDefender の高度な脅威の検出と防止を活用することでアプリケーションやソリューションのセキュリティを強化できます。 MetaDefenderの データ無害化(Deep CDR)技術は、潜在的な脅威を無効化するファイルの無害化と再構築により、ユーザビリティを維持したまま未知のファイルベースの脅威を防ぎます。

脅威の検出を最大限にする

MetaDefender のマルチスキャン技術は、30 種類以上のマルウェア対策エンジンを活用し、既知または未知の脅威の検出を大幅に向上し、マルウェアのアウトブレイクを早期に防ぎます。 さらに、MetaDefender の脆弱性評価技術は、エンドポイントで実行される前に、インストーラ、バイナリファイル、および IoT(Internet of Things)ファームウェアの脆弱性を検出できます。

機密情報の保護

MetaDefender Proactive DLP(ProactiveData Loss Prevention:情報漏洩防止)は、ファイルを転送する前に、ファイルの内容をチェックすることで社内システムから機密情報の持ち出しや持ち込みを防ぐことができます。MetaDefenderは、Microsoft Office、PDF、CSV、HTML、イメージファイルなど、30種類以上のファイル形式の機密コンテンツを検査できます。

ハイパフォーマンス

MetaDefender Core はパフォーマンスに影響を与えずに高速スキャンを提供し、MetaDefender の高性能アーキテクチャとロードバランシングにより、あらゆるボリュームに拡張できます。

REST Core による容易な導入

アプリケーションにMetaDefender REST APIを組み込みます。MetaDefender REST APIは、言語に依存せず、ほとんどのWeb言語およびWebサイトからアクセスできます。ご自身で統合していただくために、サンプルコードと詳細なAPI ドキュメントを提供しています。お手元の環境でMetaDefender Core を使用するか、OPSWATのクラウドサービスをMetaDefender Cloud APIで利用します。

使用事例

悪意あるファイルアップロードからWebポータルを保護

MetaDefenderは、サンドボックスやその他の高度な脅威防御ソリューションを回避する悪意あるファイルのアップロードを防ぎます。

セキュリティ製品の脅威防止を強化

既知と未知の脅威から保護するために、高度な脅威防止技術を使用しセキュリティを強化します。

マルウェア分析ソリューションを強化

マルチスキャンと脆弱性の評価により脅威と脆弱性に関する詳細情報を取得し、データ無害化で、ファイルに埋め込まれたマルウェアを分析します。

Teza Mukkavilli 氏

Upwork セキュリティ責任者

Upwork が、標準的なマルウェア対策ソフトでは 70%しかブロックされなかったゼロデイ攻撃を どのようにMetaDefender で 100%防止できたことかを説明します。

導入事例 

「当社はゼロデイ攻撃のマルウェアファイルのアップロード対策として、各種サンドボックスやアンチウイルスベンダークラウドのマルチスキャンベンダーを評価しました。その結果、OPSWAT のデータ無害化を選択しました。」

Teza Mukkavilli 氏
Upwork セキュリティ責任者

MetaDefender Core 機能

データ無害化 (Deep CDR)
30 種類を超えるファイル形式に対応し、ユーザビリティを維持したままファイルの無害化と再構築を行い、安全なコンテンツを提供します。100 を超えるファイル再構成オプションが利用可能です。たとえば、ファイルを複雑でない形式に変換することができます。
マルチスキャン
30 種類を超える業界屈指のマルウェア対策エンジンから、パッケージオプションで柔軟に選択できます。サードパーティーのマルウェア対策のライセンスを同梱。
脆弱性評価
バイナリファイルとインストーラーを IoT デバイスを含むエンドポイントで実行する前にスキャンし、アプリケーションの既知の脆弱性を検知します。
Proactive DLP (情報漏洩防止)
30種類以上のファイル形式で機密情報が転送される前に内容をチェックします。
REST API
多くのプログラミング言語で MetaDefender の機能を活用できます。
ファイル形式検証
4500 種類を超えるファイル形式を検証し、スプーフィング攻撃を防ぎます。
ワークフローエンジン
マルチスキャンとデータ無害化 (CDR)について独自のワークフローを作成し、対象ファイルの順序やプロセスをカスタマイズできます。
導入プラットフォーム
お客様の Windows サーバーや Linux サーバーで導入できます。また、OPSWAT のクラウド metadefender.com や、エアギャップ環境でも導入可能です。
アーカイブの抽出
30 種類以上の圧縮ファイルのマルチスキャンとデータ無害化(Deep CDR)。アーカイブ処理のオプションは設定構成が可能で、暗号化されたアーカイブがサポートされています。
MetaDefender.com のアクセス
MetaDefender.com に API でアクセスすることで、脅威インテリジェンスのフィードと広範な脅威防止データにアクセスできます。