MetaDefender Core

高度な脅威防止プラットフォーム

日々巧妙化するサイバー攻撃。サイバー脅威は絶え間なく進化し、従来の定義ファイルや振る舞い検知等のマルウェア対策を回避できるようになってきています。現在のITとOTインフラには、ゼロデイ攻撃、APT攻撃(advanced persistent threats)、高度なマルウェアに対抗するための先進的な多層脅威防御が必要です。

MetaDefender Core により既存の IT ソリューションとインフラに高度なマルウェア防止と検知機能を統合することで、悪意あるファイルアップロード攻撃から Web ポータルを保護しサイバーセキュリティ製品の強化や独自のマルウェア分析システムの開発など、攻撃ベクトルをより適切に処理できます。

強力な先進技術で徹底的に脅威とゼロデイ攻撃を検知・分析・排除

O_MetaDefender_Core_Shield-J.png

防御を回避するファイルの脅威を防止

MetaDefender Core の高度な脅威検知と防御機能を活用し、アプリケーションやソリューションのセキュリティを強化します。MetaDefenderの Deep CDR(コンテンツの非武装化と再構築)テクノロジーは、ファイルを無害化することで、悪意の可能性のあるファイルに潜んでいる脅威を無効化し、安全なコンテンツで完全なユーザビリティを維持したファイルを再構築することで、ファイルに潜む未知の脅威を防ぎます。

脅威検出を最大化

MetaDefenderのマルチスキャンテクノロジーは、30種類以上のアンチマルウェアエンジンを活用して、既知・未知の脅威の検知率を大幅に高め、マルウェアアウトブレイクに対しても迅速な保護を提供します。さらに、MetaDefenderのファイルベースの脆弱性評価技術は、エンドポイントで実行される前に、インストーラー、バイナリファイル、モノのインターネット(IoT)ファームウェアの脆弱性を検出できます。

個人を識別できる情報(PII)の保護

MetaDefenderプロアクティブDLP(データ損失防止)は、転送される前にコンテンツチェックを行うことにより、個人識別情報(PII)が企業システムを出入りするのを防止します。MetaDefenderは、Microsoft Office、PDF、CSV、HTML、画像ファイルなど30種類以上のファイルタイプに含まれる機密情報を検出します。

低い総所有コストと一元管理

MetaDefender Core により、複数のセキュリティベンダーの管理に伴うコストと複雑さを回避できます。一元化されたコンソールから、管理しているアンチマルウェアエンジンの表示、定義ファイルとエンジンの更新管理、ライセンスステータスの確認など、包括的な操作を実行できます。

REST APIによる容易な導入

既存のアプリケーションにMetaDefender REST API呼び出しを直接埋め込みます。MetaDefender REST APIインターフェースは言語に依存せず、実質的にはすべてのWeb言語やWebサイトからアクセスできます。アプリケーション統合に役立つサンプルコードと詳細なAPIドキュメントがあります。お手元の環境でMetaDefender Coreを実装して利用するか、MetaDefender Cloud APIを介してOPSWATのクラウドサービスを利用することができます。

ハイパフォーマンス

MetaDefender Coreは、パフォーマンスに影響を与えることなく高速スキャンを提供し、高性能アーキテクチャとロードバランシング機能により、あらゆるボリュームに拡張できます。

MetaDefender Core 機能

Deep CDR (Deep Content Disarm and Reconstruction)

90種類を超えるファイル形式に対応し、ユーザビリティを維持したまま安全なコンテンツを再構築。何百ものファイル再構築オプションが利用可能

マルチスキャン

柔軟なパッケージオプションで30を超える主要なアンチマルウェアエンジンから選択可能。シグネチャ、ヒューリスティック、機械学習により、マルウェア脅威の99%以上をプロアクティブに検知

ファイルベースの脆弱性評価

IoT デバイスを含むエンドポイント端末でバイナリとインストーラーを実行する前に検査分析し、既知のアプリケーション脆弱性を検出

プロアクティブDLP ( 情報損失防止 )

30種類以上の一般的なファイルで個人を特定できる情報(PII)をチェックし、転送前に機密データの秘匿化、ウォーターマークの組み込み

100以上のファイル変換オプション

ファイルのユーザビリティと内容を維持した真の「再構築」を実施。または、ファイルをより複雑ではない形式に変換

カスタムワークフロー

マルチスキャンと Deep CDR の独自のワークフローを作成し、ファイルが処理される順序とプロセスをカスタマイズ

アーカイブの抽出

30種類以上の圧縮ファイルのマルチスキャンと Deep CDR(ファイル無害化). アーカイブ処理オプションの設定構成が可能で、暗号化されたアーカイブもサポート

ファイルタイプの確認

4,500 を超えるファイルタイプを判断する際、信頼できない拡張子ではなく、ファイルのコンテンツに基づいて実際のファイルタイプを検証することで、スプーフィングされたファイル攻撃を防御

利用事例

悪意あるファイルのアップロードからWebポータルを保護

MetaDefenderは、サンドボックスなどの脅威検知ソリューションを回避する悪意あるファイルが、Webアプリケーションへアップロードされるのを防止し、プロアクティブDLPで、データ漏洩防止を支援します。

セキュリティ製品の脅威防止を強化

高度な脅威防止テクノロジーにより既知・未知の脅威を阻止し、セキュリティソリューションを強化します。

アンチマルウェア分析ソリューションの強化

高度な脅威防止テクノロジーにより、既知・未知の脅威を防止し、ファイル内の機密コンテンツを検出、ブロックすることで、セキュリティソリューションを強化します。

Upworkでは、一般的なアンチマルウェアソフトでは70%しかブロックされなかったゼロデイファイル攻撃を MetaDefender で、どのように100%防止したか。

Upwork セキュリティ責任者Teza Mukkavilli 氏が説明

その他の成功事例 >

優れたサイバーセキュリティを使用

製品・技術説明などお気軽にご連絡ください。