OPSWAT を選択する理由

今日の企業はサイバー攻撃を受けています。脅威アクターは利用可能なあらゆるチャネルを介して攻撃を送信します。一方で、侵害時のコストは上昇するだけです。

現代の企業が直面している課題を解決し、主要な攻撃経路を遮断するために、我々は 2つの製品プラットフォームを提供しています。脅威防止のためのMetaDefenderとクラウドアクセスコントロールとエンドポイントのコンプライアンスのための MetaAccess です。弊社の指針: Trust No File. Trust No Device.

MetaDefender を選択する理由 企業はサイバーセキュリティにこれまで以上に多くのリソースを投資していますが、一方で毎年より多くの、そしてより大きな侵害が発生しています。何千もの脅威防止ソリューションが市場に出回っていますが、その多くには 1つの重大な問題があります。それらは「検知」に基づいていますが、「検知」は 100%完璧ではありません。

そのため、高度な脅威防止プラットフォーム MetaDefenderは、「検知」だけに基づいていません。

MetaDefenderは、OPSWAT独自のデータ無害化(Deep CDR: Deep Content Disarm and Reconstruction)により、潜在的に悪意のあるコンテンツやスクリプトを取り除きファイルを再構築することで、ファイルから脅威を取り除きます。MetaDefenderは、データ無害化をマルチスキャン脆弱性評価で補完します。

MetaAccess を選択する理由 企業が、クラウドコンピューティング、SaaSアプリケーションへ移行し、BYOD環境の導入が過去 10年間ですすむことで、従来のネットワーク境界がなくなり、ほとんどのネットワークアクセス制御(NAC)ソリューションが時代遅れになりました。

クラウド環境の課題を解決し、管理者にクラウドへのアクセス制御ソリューションを提供するため、MetaAccessを開発しました。 MetaAccessは、SaaSアプリケーションとクラウドデータを安心、安全に保ちます。これにより、デバイスの健全性とコンプライアンスに基づいたアクセスが可能になり、管理者は危険なデバイスが機密性の高いクラウド上のデータや SaaSアプリケーションに接続するのを防ぐことができます。

マネージメントチーム

Meet the members of the OPSWAT management team.