更新を入手

OPSWATの強み

さらに具体的に言い換えますと、OPSWAT社は、ゼロデイ攻撃や標的型攻撃などの高度なサイバーセキュリティの脅威を防ぐソフトウエアベンダーです。

さらに詳しく見る

クラウドアプリケーションを含む企業リソースへの危険な、つまり、各種標準に準拠していないデバイスのアクセスなどを阻止する市場におけるリーダーです。

さらに詳しく見る

他のサイバーセキュリティベンダーや開発者がソリューションを保護できるようにするための 開発プラットフォームを提供します。

さらに詳しく見る

複数のチャネルを介して襲ってくるマルウェアから企業を防御し、データフローを保護

今日の組織では、さまざまなメディアやエンドポイントや複数のチャネルからデータを取得しているため、さまざまなセキュリティ製品を使用してセキュリティの脅威をブロックしようとすると、一貫性がほとんど取れなくなります。OPSWAT社は、組織全体にわたって高い有効性と一貫性の高い保証のブランケットを提供し、データに起因する脅威に対するセキュリティの追加層を提供します。 OPSWAT社の製品は、次のような考え方に基づいています。


  • すでに様々なシステムには、潜在的に任意のファイルが感染しているか、ネットワークを侵害する脆弱性を悪用しようとしている可能性があります。
  • 残念ながら、単一のマルウェア対策製品では、次世代ファイアウォール、IPS、およびプロキシマルウェア対策ソリューションは、十分な防御保護を提供できません。


組織は、セキュリティ上の脅威、特に数千人の従業員と請負業者を持つ大企業に晒されているすべてのデータインフローとアウトフローを追跡して保護することが困難です。 Webアプリケーション、USBやポータブルメディアデバイス、メールの添付ファイルやコンテンツ、ネットワークトラフィックなどのファイルアップロードやダウンロードなどのデータ転送メカニズムは、ネットワーク全体をダウンさせる可能性のあるトランスアクションや標的型攻撃のような脅威をもたらす可能性があります。 これにより、組織の評判、財務状況、顧客との関係が損なわれる可能性があります。 重要なインフラストラクチャのオペレータにとっては、被害は致命的であり、人命の損失につながる可能性もあります。

Good/Bad files diagram

クラウド/ SaaS対応エンタープライズ向けセキュアアクセスの実現

企業におけるクラウドアプリケーションの利用率は、大きくペースを速めてはいませんが、着々と進行しています。 従業員は、独自のBring Your Own Device(BYOD)エンドポイントを含め、Web全体を通じて機密性の高い企業データを入金してアクセスできるようになりました。 生産性には優れていますが、企業のデータアクセスに先立ってデバイスのコンプライアンスをチェックする従来のモデルは壊れています。 紛失したデータのリスクはそれほど高くなりませんでした。

OPSWATはこの重要なセキュリティチェックポイントを復元し、クラウドアプリケーションに格納された企業データと自身の評判の両方をよりよく保護することができます。OPSWATは、Office 365、Salesforce、Dropboxなどのアプリケーションに対応するソリューションも提供します。

Cloud Access control diagram

サイバーセキュリティソリューションへのAPIの提供

世界が開発者中心のITとセキュリティに移行するにつれて、OPSWATは、開発者やサイバーセキュリティパートナーのためのツールやAPIを使用してこの移行を可能にし、マルウェアの識別と防止を最大化します。

高度な脅威防止開発プラットフォーム

OPSWAT社は、企業内のデータフローを保護するための幅広い技術を駆使して、ファイルベースのマルウェアや脆弱なアプリケーションをシステムに統合する技術を活用します。 OPSWATは監査可能なシステムが、このプラットフォームを介してエンタープライズに出入りするすべてのデータの評価とサニタイズ(データの無害化)を可能にします。

さらに詳しく見る

クラウドアクセスコントロール開発プラットフォーム

組織へのデータフローを保護することは、安全で安全なデバイスの基礎から始まります。 OPSWATは、セキュリティコンプライアンスのためのエンタープライズデバイスポートフォリオの評価と監査におけるマーケットリーダーです。 OPSWATは、この分野の知的財産を開発目的で技術パートナーに提供します。

さらに詳しく見る

脅威インテリジェンス開発プラットフォーム

OPSWAT社は、アプリケーションの脆弱性を識別する15年にわたるリーダーシップとしての実績を踏まえ、OPSWAT社のコアIPであるファイル整合性、ブラックリスト作成、リピュテーション情報を活用して、高度に安全なシステムと脅威の研究を可能にするクラウド開発サービスの標準を確立しています。

さらに詳しく見る
San Francisco, CA
Veszprem, Hungary
Timisoara, Romania
Ho-Chi-Minh City, Vietnam
Taipei, Taiwan